濱崎組

K&H 座談会

小さい家=低燃費

                    

                      
          K&H座談会 <ローコスト住宅> 第4話



H:前回までの 《ローコスト住宅》についての話だと、これからのマイホームの建築コスト

  【 ゼロエネ住宅 】の進展とともに ”ハイコスト” にならざるを得ない! という流れから

  コストは建てる時ダケではない、建てた後のコストにも目を向けた家づくりの話でしたネ

K:まぁ~従来の定義からすると、『 ローコスト住宅=無理せず建てる使い易い家 』 だった訳

  で、コスト全体を長い眼で考えて欲しいと思ったんよ。「最初にいくらで建てたか」ではなく、

  「将来も含めていくら掛かるのか」という視点の切り替えやな。




H:で、Kは将来に渡ってもローコストを維持できる 理想的な家の形をこれから語る訳だ!?

K:そーズバリ、ローコスト住宅の最大の特徴は、小さい! って事やね


H:???

K:さらに言えば、小さくて形は真四角で片流れ屋根で軒は最大限に出す! これで決まりヨ

  その形が コレ ↓



  
  


H:確かに家が小さければエネルギー消費も少なくて済むけど、家族(最低4人くらい)が住む

  広さは確保した上での話やね

K:子供それぞれに個室を与える事も見直す時期がきたんよ。部屋にこもって勉強する期間は、

  高校受験のワンスポットだけやったもんね、うちなんて・・・

H:そこは同感 上の絵の家なら、1FはLDKと水回り、2Fはワンルームで家族がそろって机

  並べて寝室も一緒でイーんじゃないかな(今建ててる施主から怒られるかもしれないけど)



K:論理的に云うならば、家の外壁面積は可能な限り少なくするべし! 外壁は自然現象に常に

  晒されるのだから、面積が大きければそれだけ家の内部の環境(温度や湿度)に影響する

H:そこは即ち建築コストにも影響するしね。

K:但し、最低限重要な事はしっかり断熱材の施工は入念に施す事、床・壁・屋根やね!

H:しれっと ”オヤジギャグ” を サブリミナルしやがって・・・(笑)



K:そーする事によって 【 吹 抜 け 】が活きてくるんよ

H:吹抜けの存在は、単に開放的空間と云うだけでなく、家を平面要素から立面要素に置き換えて

  『 小さくても広い家 』 を具現化する最良の方法ですネ

K:高い場所に採光窓を設置する事で日中の陽当たりが確保され光と熱を取り入れ出来るね

H:縦の繋がりを作ることで家族のコミュニケーションが増えてマイホームにはGOOD

K:夏に緑に茂った樹木があれば直射日射を遮り、冬落葉した後で暖かな日差しをGETだぜ!

H:ずいぶん調子が乗ってきたねぇ~  そこに釘をさす様で悪いんですが・・・



H:Kの理想的マイホームの絵の屋根の上に載っているブルーの線は、ひょっとして太陽光発電



K:ゼロエネ住宅の定義は、前にも話したけど家中で消費するエネルギーをそっくりそのままの量

  家が作り出さなければならんのよ

H:家自体がエネルギーを創出する手段としては、太陽光発電しか考えが浮かばない・・・


K:そーなんよなぁ~、そこが僕も今思案中


H:太陽光発電のパネルが安くなってきたとはいえ、まず 建築のコストアップ は必須でしょ!

  しかもパネルや発電寿命もよく解らない、昼間の発電を蓄える蓄電池もまだまだ高い!

  となると初期投資が今以上にハイコストになる事は避けられないんよね~

  なにより、日本の家中の屋根に太陽光パネルが載っている風景は、我々日本人が思い描く

  日本の原風景を根底から覆す事態だよ (笑)


  Kもこの歌を聴いて口ずさんで育った世代でしょ!

       甍の波と雲の波    重なる波の中空を
       橘かおる朝風に    高く泳ぐや、鯉のぼり ♪

  
悲しいかな、日本・・・  この歌の意味は深いよぉ~


K:今度はHが語るねぇ~



K:これからの日本も 車の燃費 を語り競うように 家の低燃費を競う時代 になってきたんよ

  2020年の義務化に向けて我々も益々奮闘努力・切磋琢磨していかんとネ!

H:もーひとつ思い描く事として、日本の家の寿命ですね。

  欧米の家とも比較しても短か過ぎる、35年間ローンを払い終わったらもー建替えだ、なんて

  ゾッーっとしてくる。。。。。。




                K&Hの座談会 《ローコスト住宅 》第4話で一旦終了・・・ 




   ★この建築日誌をお読みいただき、ご意見、共感、ご指導、応援をコメントで頂ければ

    謹んで拝読し、一緒に将来のマイホームについて語らいたいと思います。よろしく





               

2017.11.25 | K&H 座談会, 新着情報

良い家こそローコスト!?





         K&H座談会 <ローコスト住宅> 第3話


K:H の云う 『 ローコスト 』が 建築費の枠の中での定義ならば、今度は維持費の範囲内での

  『 ローコスト 』も大事な要因やで

H:というと・・・

K:お金が係るのは建築費ダケじゃない、建てた後所有・維持していくにもお金が係るんよ。

H:なるほど、いくら安く建てたとしても生活やメンテナンスに髙い費用が掛かったら、俗に

  云う 「 安物買いの銭失い 」 やね

K:そこで、省エネに優れた高断熱なマイホームが、実は最終的に光熱費等の生活コストが

  ” ローコスト住宅 ” になるんよ  本日のテーマ、 良い家こそはローコスト!やね

H:そーなると ローコスト住宅 改め ” 低 燃 費 住 宅 ” と呼びたいネ!







K:住宅の低燃費を決める 3つのコスト ってなんやと思う?

H:①光熱費 ②修繕費 と、、、あとは何費かな?

K:③建替費、あるいは大規模リフォーム費やな!

H:その三つのコストが負担にならない住宅こそ ローコスト住宅、次回はその辺りの話かな・・・



                          K&Hの座談会 第4話に続く・・・



             

2017.11.06 | K&H 座談会, 新着情報

賃貸か持ち家か!?




           K&H座談会 <ローコスト住宅> 第2話


H:担当してる賃貸一戸建の新築現場が始まりますねぇ~

K:親が亡くなって自分も家を建てたものだから跡に住む人もいなくて空き家にするならばって事で

  相談があったんよ、その意味では ”賃貸戸建” が先にありきの話ではなくて、土地の有効利用の

  一つの選択肢やね

H:これからの時代は少子化は勿論、後を継ぐ子供にも色々な事情があるから遺った土地の利用には

  頭悩ます人も増えていくネ

K:だわね~







K:親の残った家を賃貸に出すにも古くて永く使用感が家にあるから、貸す側も借りる側も共に抵抗感が

  あるわなぁ・・・

H:かといって、今回のケースのようにいっそ取り壊して賃貸戸建を新築してみようとする活用の選択も

  皆さんで違うしねぇ~

K:親の家を相続する前に自分のマイホームを新築する場合は、親が亡くなった時はそこに自分が引越し

  して自分の家を賃貸に出す選択肢(=決断)もこれからはアリかなぁ~




K:第一話のローコスト住宅の話の続きからすると、H としては 建て易い投資で小さい賃貸住宅を

  もっと建てればイイじゃないかって事かい?

H:この座談会でK とも何度か話したけれど、賃貸か持ち家か?って事で面白いサイト見つけたヨ


  今後のマイホーム新築の方向性からすると、次世代省エネとかZEH とか、これから益々マイ

  ホームはハイコストになっていきそうな気配を感じるから、持ち家を所有する為の資力の負担

  を考えたら、賃貸も有り!かなって思うようになってきたんよ


K:ハイコストもローコストも比較対照が無いから高い安いは個人的な思いダケやけん、将来も

  やっぱりローコスト住宅は存在し続けると思うんやけどな

H:ZEH にも ”ピンキリ”  があるって事?

K:家の断熱やエネルギーロスに対応する安くて良い建材を探していく事もローコストマイホーム造り

  の楽しみが増えていくって事ヨ

H:なるほど、太陽光発電設備も最近では安くなったしネ  でも、賃貸戸建にも省エネ性能を求め

  られたら建築費が高くなって利回り悪化で賃貸戸建の供給も激減していくかな?





                          K&Hの座談会 第3話に続く・・・





2017.11.01 | K&H 座談会, 新着情報

ローコスト住宅って何?(座談会)



    K&H座談会 <ローコスト住宅> 第1話



H:以前から思ってたんやけど、ローコスト(=低価格)住宅の定義って何やろか?

K:そやねぇ~、特に何かと比較して安い!って訳ではないと思うけど 僕が特に思うのは

  HPや会社パンフレットでも 書いたんやけど モデルハウスや展示場の家を見学して

  業者に心躍らされて無理して高いローン組まず、華美な設備や仕様に惑わされず、等身大

  の家造りを提唱したかったんヨ

  あえてゆーなら、そこが俺流 ローコスト住宅の定義かな(笑)










H:Kの云うマイホーム思想は僕も同感するんよ、昔の『夢のマイホーム』とか『庭付

  一戸建て』なんて宣伝文句はとっくに過去のモノやし、今は最大で35年間も住宅

  ローンを支払い続けるんやから、マイホームを建てる事が目的ではなくて、そこで

  家族がどんな暮らしをするか、が大切やと思うネ

K:そー、それが結果的に顧客が満足できるマイホームが安くできれば、僕の仕事は

  成功したんやと思いたいネ そー願いを込めて ” 二つの企画プラン” も作ったしネ










H:もともと資力のある顧客は、ローコストに拘らないくてエーんやからネ

  Kの営業スタイルを観てても、なかなか収入が伸びないお客様にも親身で相談に

  乗っている姿は、Kの人生そのものかなと思うよ。

K:ありがと、ところでどーしたん、H 急に ”ローコスト住宅” の話を持ち出してきて

H:いやね、2020年に迫ってきた 【 ゼロエネ住宅 】 の義務化を考えたら、本当に人生を

  楽しむマイホームライフがこれから出来るんやろか?と思ってね、フト・・・(笑)




                        K&Hの座談会 第2話に続く・・・ 





2017.10.21 | K&H 座談会

問題解決(ソリューション)工事




そろそろ梅雨が開けそうですが、となると本格的な猛暑の夏到来ですネ。

今日は7月の現場巡回に、新築工事以外の現場をご紹介します。






神奈川県の児童福祉施設での元職員の殺傷事件は衝撃でしたが、

市内の T福祉施設から門の新設の注文をいただきました。

しっかり施錠が出来て、外来者をモニターでチェックできる機能がついています。





同様に、こちらでは正面ゲートの遣り替え工事をご依頼頂いています。









こちらの住宅では、部屋にある柱を撤去して広く使いたいというご希望で

天井をめくって柱の上部にある部材(=梁)を太く補強しています。








新築や大規模修繕以外の仕事も随分やっているんですヨ!(笑)






業界では、このような工事を諸口(しょくち)工事と呼んでいます。
(※あるいは雑工事・・・失礼ながら)

  ※【諸口しょくち】の意味

      ①いろいろな事項・項目

      ②簿記で、仕訳の際に貸借いずれか一方の勘定科目が二つ以上にわたっていること





御依頼者は建物や土地に様々な問題を抱えていたりするモノです。

そんな問題を解決(=solution)して差し上げる事こそ私達の大切な仕事です。




そこで、今後は 【諸口工事】と云う呼称はやめて、

【問題解決(ソリューション)工事】と呼ぶことにします(笑)








以上は、建設業かサービス業かのK&H座談会 の続きです③




2017.07.19 | K&H 座談会, 建築日誌

カレンダー

2020年1月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

アーカイブ

ページ先頭へ