濱崎組

西衣山モデルハウス物語

制震テープ 現場でも発見!





先の「建築日誌」で、制震テープは出荷前工場で貼るんです、というレポート

をお届けしましたが、一部上棟時の現場に於いての施工もあるのです。




img_9453


それが、ここベランダの内壁です。

2×4パネルの組立の取合部分は、現場で都度大工さんが貼り付けていきます。

それから構造用合板(外壁の下地)を釘留めで張り付けます。


 


もう一度オサライすると、この【 制 震 テ ー プ 】の 仕組みは・・・


20160930085109984_0001

さらに詳しくは → ココ をクリック

低コストで大きい効果をもたらして呉れそ~ですネ。






dscn3966



それにしてもこの工事垂れ幕 ・・・ 超 制 震 住 宅

新しい言葉ですネ 検索したら結構ヒットします!




★明日からもう10月です。 エッ、今年もあと3か月しかない!(筆者も驚)
慌てない、あわてない、じっくり考えて充実の日々を・・・




2016.09.30 | 建築日誌, 西衣山モデルハウス物語

一隅を照らす Ⅱ




さて、いよいよ西衣山モデルハウスの上棟です。(※建前とも云います)



img_9429

img_9433

img_9364

img_9382




筆者は、この上棟の職人さん達を見る度に 『一隅を照らす』と云う言葉を思い出します。



一隅を照らす」が意味するものは、「お金や財宝は国の宝ではなく、家庭や職場など、

自分自身が置かれたその場所で、精一杯努力し明るく光り輝くことのできる人こそ、

何物にも代え難い貴い国の宝である」と云われます。


 一人ひとりが、それぞれの持ち場で全力を尽くすことによって、

世の為人の為、そして社会全体が明るく照らされていくという考え方です。



弊社 総務部 のT次長が 【はまさき便り】で書き記した 研修生 『抜錨』 の記事 を読めば

全てには ”始まり” があって、それを永く信念を持って ”継 続” する事こそ

社会に貢献していく人(・・・職人に限らず)の尊さを感じますネ





dscn3964


現場では、11月の完成に向けて様々な職種の職方がその専門技術を活かして

【 安心・安全の家 】が誕生します。





また、レポートします。。。。



 

2016.09.27 | 建築日誌, 西衣山モデルハウス物語

着工前挨拶






台風到来や長雨、大工の都合等で延期になっていた

西衣山モデルハウスの上棟 が、今週末土曜日に決定しました。

と、上棟をここで告知した処で、”餅まき” をイベント” を開催する訳ではありませんが

上棟前に行う施工側の大切な行事を一つご紹介




dsc_0001




それが 着工前の 近隣ご挨拶 です!



本来なら地盤改良工事や基礎工事前に行うもので、西衣山の近隣も一度

担当者が挨拶回りを行っていますが、着工から上棟まで時間がたったものですから再度・・・





ところが、挨拶回りを営業担当が行うか、工事担当が行うか

議論する処もあるでしょうが

【大事な行事】と云ったのは、単に工事の開始を告知するだけではないのです。

そこのところ各担当が十分に理解して情報を共有する事が

大切なのです。



勿論、粗品は 弊社 今治タオル を添えて・・・





%e8%a1%a3%e5%b1%b1%e5%bb%ba%e5%a3%b2%ef%bc%91



構造は、在来工法とは違って 2×4工法です。

よくツーバイフォーには軸組のような上棟を意味する棟木は無い、と思われがちですがそんな事はありません!

興味のある方は、是非現場までお越し下さい。




%e5%9c%b0%e5%9b%b3※ 現場で活躍している重機(=クレーン)が目印です!





 

2016.09.21 | 建築日誌, 西衣山モデルハウス物語

足場の組立



 

今日の衣山モデルハウスは、基礎工事が終わって上棟に先駆けて

先行足場 が組み立てられました。




DSCN3622



いつ頃からか、低層住宅建築の場合は作業員の転落防止を最優先して

上棟(=建前)より先に足場を組むようになりましたネ




実はこの足場を組み立てるのも資格が要るんです。

『 足場の組立て等作業主任者 』
は、労働安全衛生法に定められた

作業主任者であり立派な国家資格です!

つまりはこの資格を有した者しか、足場を組み立てたり解体したり変更出来ないのです。

筆者が現場でちょっと頭がぶつかるからといって外したりすると、アウトです。




本国の労働現場においては、危険・有害な作業を行う者に

一定の技能講習を受講させてより安全な作業環境を確保しているのです。


・・・これも ”安心・安全な住まいの第一歩” です。




DSCN3626


さて、あとは上棟の日を待つばかり・・・デス


九月に入ってもまだまだ暑い日は続きます、皆様も熱中症には十分気を付けて!






2016.09.01 | 建築日誌, 西衣山モデルハウス物語

テープを貼る!面材を張る!




K木材さんの”パネル工場” に やって来ました。

今回のモデルは、2×4(ツーバイフォー)住宅なので、

壁を工場で製造して現地で組み立てていきます。



特に今回のパネルには、制震テープを採用していますが、

そのテープを貼る工程は、建築現場ではなくパネル(壁)を出荷する前でなければ

見学できないのです。





DSCN0149



今度のモデルハウスには、この 【 制震テープ 】を採用する事は

前々回の建築日誌でもお話しましたが、

実際にその工程を見学したのは初めてでした。


※実は、このテープのノリ がとても重要なのデスが、その話はまた今度・・・




DSCN0156


制震テープを貼って、その上に面材(=構造用合板)を張り付け

地震に強いマイホームの壁(=部材)が完成していきます。




あれ? テープは貼る、張る? どっち???

辞書では、『貼る』はまさしく「壁などに何かを”はりつける”」という意味が載ってありました。

また『張る』は、①のばし広げる。②ふくらむ、ふとる。③大きく見せようとしてふくらせる。

④一面におおう。⑤いっぱいにする。⑥強く盛んになる。 ・・・の意味。



なるほど、テープを貼って面材を張る!  まさに”百人力を得た” 住宅 ですネ



モデルハウスの上棟予定は、9月上旬、ご見学は Welcome でぇ~す(笑)






2016.08.25 | 建築日誌, 西衣山モデルハウス物語

カレンダー

2020年4月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

アーカイブ

ページ先頭へ