【建築日誌】お陰様で・・・上棟しました!

5月某日、松山市内で現在施工中の某マンションが無事に上棟しました!んっ?!上棟???

鉄筋コンクリート造りのマンションで・・・???

建設業以外の方にはピントこない?・・・と言う方もいらっしゃると思います。

一般に上棟と言うと・・・木造住宅ですと『 棟上げ(むねあげ) 』、

私の故郷では『 建前(たてまえ) 』が一般的です。

まだ故郷にいた頃、もちろん『 昭和の時代 』・・・もう半世紀前くらいになりますね!(苦笑)

早朝から大勢の大工さんが一堂に会し、一気に柱を立て、あっという間に床をつくり屋根をかけていく・・・

子供の頃、ワクワクしながら見ていました。棟木を吊り上げ取り付け、棟の上に幣(ぬき)を建てて弓矢を飾り、

当時、躍動感があると共に、儀式、神聖な感覚があったのを覚えています。

夕方には、その家の家族や親戚が屋根に登り・・・豪邸だと数十人?いや百人?が家を取り囲み・・・

地域の大勢でお祝い!・・・餅まきをしていたものです!(懐かしっ!)

 

我が家の三人の子供達・・・上の二人は親戚の家で餅まきをした事を今もしっかり覚えていますが・・・

平成生まれの末娘は経験がなく・・・何?それ!(笑)  神社の・・・節分の豆まき?餅まき???

確かに!昔のような盛大な餅まきはもう何年見てないなあ!(苦笑)

現在のビル建築、鉄筋コンクリート造(RC造)では、最上階のコンクリートの打上げ時・・・ひと区切り・・・

鉄骨造(S造)では、全ての鉄骨の組み上げが終了した時点を上棟と言います。

・・・残念ながら地域の人が集まってきて・・・『 餅まき 』はありません(涙)

2019.05.24 | お知らせ, ハマサキ便り

今年も技能検定に向けて

3月1日に愛媛県知事より「技能検定の実施について」の公示がされ、

今年も濱﨑組の研修センターでは受験に向けて、左官研修生の講習が開始されております。

各受験級に分かれて松岡講師のもと、実技試験の課題に取り組んでいます。

試験内容は2級はそで壁の仕上げ                     3級は床の仕上げです。

実技の練習だけでなく、馬鹿にできないのが学科の試験。左官の知識の習得も大切なのです。

 

単なる「合格」ではなく、「上位での成績での合格」を目指して

プレッシャーはあると思うけど…ファイト!!(S)

2019.05.18 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

【建築日誌】やいた内科・内視鏡クリニック開業

やいた内科・内視鏡クリニック様が、令和元年5月15日開業・診療開始いたしました。

12日の内覧会には、一般の方から医療関係者まで沢山のご来場をいただき大盛況でした。

弊社建築部(元請部門)は、平成18年から医療福祉施設の新築工事に取り組み始めましたが、

これで医療福祉施設竣工物件は切りよく10棟目、年号が令和に変わり最初の物件となりました。

医療福祉施設は、住宅、事務所、倉庫とは違い独特の設備があり、

内科、外科、整形外科、歯科、診療所、デイサービスにグループホーム、訪問看護ステーション・・・

科によっても様々な特徴を持った難易度の高い建築物であります。

工場で同じモノを同じようにベルトコンベア式につくられていく製造業の製品とは違い、

建築はたとえ全く同じ設計であっても、土地が違い、建築物に関わる人が違えば、ひとつとして同じモノは出来ません。

施主の思い! 使用者の思い! 設計者の思い! 施工者の思い! がひとつになる事で、

全く違う!と思えるほどの違いが出てくるものです。

 

単に描かれた図面を形にするだけでなく、施工の段階で先生やスタッフの要望や使い勝手の良さ、

患者さん優しい施設の施工を追求していく事で、お施主様他関係者の方々に喜んで頂く事が、

最高の喜びであり、その実直な施工実績の積み重ねが最大の営業であると思うのです。

『 やいた内科・内視鏡クリニック 』様の益々の繁栄を祈ります(KT)

2019.05.16 | お知らせ, ハマサキ便り

平成最後の…

今日は平成31年4月30日。平成最後の日です。

TVではうんざりするほど平成を振り返るプログラムが流れていましたね。

濱﨑組の研修センターはというと、本日も平成最後の新入社員が、平成最後の

研修に取り組んでいました(くどいですね)。本日のプログラムは大工や建築監督も

交えての合同の左官研修です。

 

明日からはいよいよ濱﨑組も連休に入ります。

道路もかなり混雑しているようですので交通事故に気を付けて。ご安全に!(s)

2019.04.30 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

【建築日誌】K-15ビル新築工事 落成式!

平成31年4月25日・・・

いよいよ来週は『 令和 』と年号が変わります。

弊社、建築部の平成最後の引き渡し物件は・・・『 K-15ビル 』です!

昨年の11月初旬に地鎮祭を行ない

約半年の工期で施工していました物件が、関係者、協力業者のご協力のおかげで見事予定通り完成致しました。

昨日から心配していました天気も・・・普段の行ないが良いので(笑)落成式が始まる頃には、しっかりと晴れました。

ご出席いただいた発注者(施主)・ご来賓様・設計監理者・施工者(弊社)関係者の皆様、

お互いに完成を喜び合い、笑顔、笑顔、また笑顔です!

 

神官・斎主は、桑原八幡神社の宮司様にお願いし、

皆様の明るい雰囲気の中、神事は厳かに進行・・・落成式は、滞りなくお納め致しました。

建設業の『 やりがい 』『 醍醐味 』は、建築物の完成の喜びと、

お客様からの感謝のお言葉をいただいた時であります。

しかしながら『 建築物の完成=終わり(end) 』でなく、

私は、『 建築物の完成=お客様との関係の始まり(start) 』であると思うのです。

本日落成した『 K-15ビル 』は、『 やいた内科・内視鏡クリニック 』となり社会に船出していきます。

明日から開業の準備が始まり、5月12日が内覧会・・・開業は5月15日の予定です。

 

これからの令和の時代も、真摯にそして感謝の気持ちを持って・・・(KT)

2019.04.25 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

松山市共同募金会から感謝状を頂きました

昨年末に共同募金に協力し、この度、松山市共同募金会様から感謝状を頂きました。

少しではありますが、今後も地域の福祉活動に協力できればと思います。(S)

2019.04.24 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

遠隔出張中の社員を激励!

平成31年4月18日・・・平成もあと2週間を切りました・・・

熊本の某現場において出張者を激励しました。

現場内は入場制限!場内写真撮影禁止ですので外観のみのご紹介です!

 

九州で最大の建築現場、日本最大級のバスターミナルを有する複合施設です!事業費は驚きの770億円!!!

バスターミナルは29バース(4,300台/日) ※ちなみにバスタ新宿は15バース(1,600台/日)

 

ホテル205室、マンション159戸、3000名収容の熊本城ホールに・・・テナント店舗は150以上、

バンケット、シネコン9スクリーン、屋上広場+屋上公園、駐車場に保育園に・・・・

 

松山で言えば、市駅前バスタの三倍に、県民文化会館とANAホテルに市内最大級の分譲マンションが一緒になり、

高島屋のシネマ衣山付き堀之内公園がくっついて・・・もうよく解りません(爆笑)

当社も平成の時代で大きく変わりました・・・昭和の時代、四国内で左官工事をしていた専門工事業者が、

左官工事では四国内から、岡山、広島、石川へ・・・そして今年度は、熊本、京都へ・・・

外断熱工事では、北海道、東京、新潟、山口・・・『 濱﨑組の令和の時代 』は、

どうなるのでしょうか?楽しみ!楽しみ!   100周年は、47都道府県制覇してるかも!?(KT)

2019.04.22 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

「機械器具取扱い研修」 in 本社

松山ではだいぶ気温も上がり、良い陽気になってきました。

普段、左官作業において何気なく使用しているミキサーやポンプなど、いろいろな機械器具がありますが、「しっかり使用方法を聞いたことない」「苦手意識がある」という若手社員に集合してもらい、機械器具の取扱い講習会を、4月16日、17日に本社倉庫で開催しました。

機械器具は便利ですが、使い方を間違ったら、巻き込まれ、感電など危険性もあります。座学と実際に手で触れることにより、操作方法や保守メンテの仕方などをしっかり学ぶことができたと思います。

また今回はチームに分かれ各主任がリーダーとなり、実習をするというスタイルにすることにより、普段聞けなかったことなど、ざっくばらんに教え合ったりすることができ、先輩・後輩のコミュニケーションの場としても良いものでした。

翌週には高松支店でも実施します!(S)

 

2019.04.18 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

安全運転研修に潜入レポート

濱﨑組では現場への移動でトラックやバンを使用することも多く、仕事を円滑に行う上で安全運転が欠かせないということで、4月12日に実施しました安全運転研修に私も潜入してきましたので、その模様をお伝えします。

お世話になったのは松山市吉藤にある「エヒメ自動車学校」様の半日コース。

この時期は高校生向けの免許講習もひと段落し、企業向けへの安全運転講習会を多くやってらっしゃるとのことです。

今回は若手、中堅社員12名を2回に分けてお願いしました。

 

まずは適性検査です。約40分間、例題の図形と同じ図形をできるだけ早く見つける問題や、四角のマスに斜線を入れていく問題など5.6種類のテストを行っていきます。スピードで若手社員に負けないよう私も本気です。

その後は助手席に教習員の方に乗ってもらい、一人ずつ校内での車庫入れ、縦列駐車の後、一般道路に出て実際の安全運転の指導を受けます。

使用する車両は当社で使用している10人乗りハイエースで、普段乗っている自分の軽自動車とはまるで大きさが違うため、苦戦しつつも…  なんとか切り替えししながら、ねじ込みました。

                  

運転歴20数年。今まで自己流でやってきましたが、自分の性格や運転のクセを再確認でき良い機会でした。

今後の安全運転に活かしたいですね。(S)

 

2019.04.15 | お知らせ, ハマサキ便り, 未分類

【建築日誌】コンクリート打設は・・・現場全体の共同作業!

松山市内で建築中のマンション・・・最上階からは松山城の天守も綺麗に見えます!

本日は、8階壁と階段、9階床の躯体のコンクリート打設です。

RCの建物は、墨出しをして、鉄筋を組み、型枠で型を決めて、

生コンを流し込み(打設)、コンクリートが硬化したら型枠を外し躯体を形成していきます。

寒天や心太、ケーキやクッキーと同じ様ですね・・・ちょっと硬いですけど(爆)

マンションの大きさや戸数にもよりますが、月に1回から2回程度コンクリート打設の日があります。

現場では、この数週間作業してきた新しい型枠に生コンを流し込む・・・

絶対失敗が許されない1発勝負!・・・イベントの様なものです。

朝から現場には緊張感が漂い、作業員一人ひとりが真剣な面持ちです・・・

生コンプラントで出来た生コンの品質を保ったままで・・・ミキサー車が現場まで運び・・・

歩行者のに迷惑のかからないようにガードマンは誘導し・・・ポンプ車に接続・・・

同時に、運ばれてきた生コンの品質の検査を速やかに検査・・・

ポンプ車の操作員は、最上階で打設作業しているスピードに歩調を合わせ・・・

ポンプ車の筒先では、型枠に隙間のないよう打設の担当者が気を配りながら・・・

土工さんが生コンを均し気泡が入らない様に型枠を叩き、

 

左官さんがレベルを決めて表面を仕上げていきます。

 

打設の下階では大工さんが重量が係った型枠がくるわない様に支保工を調節し、

設備業者は配管を通し確認していきます。

普段は各パートの作業をしている業者が・・・今日は一堂に会し、

さながらオーケストラのコンサートのように・・・

現場の全ての業者、作業員が共同作業・・・それがコンクリート打設なのです(KT)

2019.04.12 | ハマサキ便り, 未分類